MENU

シアリスの副作用について

 

EDの改善に効果的なシアリスは、その他のED治療薬に比べて持続時間が長く、使いやすい点で多くの男性に支持を得ています。有効成分であるタダラフィルはPDE5阻害薬とされ、男性器が萎える際に分泌されるPDE5を阻害することで、勃起の維持を手助けして性機能を改善します。体内で一酸化窒素に作用することから、血管が拡張され血圧が下がる効果があり、その効果から副作用には血圧に関わるものが多く存在します。最も多いもので頭痛やほてり、潮紅といった軽症のもので、その他にも消化不良、胃腸障害、動悸、胸の痛み、頻脈、背中の痛みといったものがあります。基本的には血管が拡張されて血流が増加したことによる一時的な効果なので、薬の作用が弱まってくれば次第に症状も弱まり消滅するようになります。しかし、ごく稀に酷い症状として息苦しくなるなどの呼吸器障害や、周囲の色がいつもとは違って見える視覚障害などが起こる可能性があり、これらが起こった場合はすぐにかかりつけの医師に相談するか、専門の病院で受診する必要があります。シアリスはその他のED治療薬より比較的に副作用が少ない薬とされていますが、可能性が低いだけで絶対ではないので、副作用があり得るということだけは覚えておきましょう。